流山周辺で分譲(建売)住宅をお探しの方におすすめな業者を厳選してご紹介

一戸建てを購入する際にあった方がいい最新設備

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/08

一戸建てを購入するなら、あったほうがよい最新設備についてぜひ知っておきましょう。最新設備は家事が楽になったり生活がしやすくなったりと、生活の快適性を上げてくれるものが多くあります。しかし、すべてを導入していては予算が跳ね上がってしまうため、おすすめの設備を厳選してご紹介します。

キッチンでおすすめの最新設備

キッチンの設備にこだわりたい方はたくさんいますが、限られたスペースですので、機能別に優先順位を決めて吟味することが大切です。

やはり使い勝手がよく外せないのが「食器洗い乾燥機」でしょう。とくにビルトインタイプであればすっきり収納できて、毎食後の悩みもきれいさっぱり解消できます。ビルトイン食器洗い乾燥機は、1台で汚れた食器を洗い、乾燥まで自動で行ってくれる設備です。

またそれ自体が収納の役割も果たしてくれるので、調理台の上が常に片付いているのもうれしいポイントです。最新設備なら水も洗剤も節約できるので、手洗いよりきれいで家計にもやさしいのが魅力でしょう。自分の時間が有効活用できるため、大家族でも夫婦二人でもおすすめです。

次にほしいのが「サポートシンク」です。最近では非常に機能の高いシンクが増えていて、レーンにプレートを置くことで調理台と高さを合わせられるシンクなども人気です。「ディスポーザー」がついていれば、野菜くずなどをそのまま流しても生ごみのいやな臭いも一切なくなります。また「タッチレス水栓」が備わっていれば、先端に手をかざせば自動で水を出したり止めたりできるため、水仕事が格段に楽になるうえに節水にもなります。

キッチンに水は欠かせませんが、「浄水器付き水栓」があれば自宅の浄水器を使って蛇口から美味しい水をそのまま飲むことができるようになります。飲料水はもちろん、料理にも安心して使うことができるうえに、重い水の買い出しが必要なくなるのはうれしい限りです。さまざまな家事を助けてくれるサポートシンクは、オプションをいろいろとプラスできるものがよいでしょう。

トイレでおすすめの最新設備

新しい住宅を考えるときに、トイレは後回しにされてしまいがちな設備です。でも必ず家族が毎日使うトイレこそ、こだわりにこだわりぬいた快適な最新設備にするのがおすすめです。

快適なトイレを実現するために必要なのは、やはり最新の「便器」です。何より掃除しやすく、最新素材や最新加工で施されているものを選ぶと、生活が始まってから正解だったと心から感じられるでしょう。

日々の掃除が楽で清潔に使いやすいのは、やはり「タンクレストイレ」です。タンクというのは便器の後ろについている水を溜めておくためのタンクですが、これがないだけで見た目がすっきりするだけでなく、掃除がしやすく空間も広く使うことができます。

限られたスペースですが、空間に余裕があると精神的にもリラックスできるため、生活が豊かになります。視覚的な効果のほかにもデザイン的にホコリや汚れがたまりにくい設計になっているので、拭き掃除がとても簡単です。

また、便器は使い続けていると、毎日きちんと掃除をしていても水垢がつきやすく、黒ずみなどが起こりやすいのは致し方ないことです。これを少しでも予防するのが「最新素材」です。最新設備の便器には最新素材が使われているのが一般的で、汚れがつきにくく長年きれいな状態を保つことができます。水を流すたびにきちんと汚れを浮かせ、きれいに洗い流してくれるため、掃除の手間も格段に減るでしょう。

トイレは数をそろえておくことも大切で、3階建てで各階にというのは難しくても、少なくとも1階と2階にはそれぞれ設置しておくのが正解です。ただし2階以上に設置するトイレに関しては、充分な水圧を確保するため、あえてタンクレスではないほうがよい場合もあります。水圧を上げるためにはやはりタンクにいったん溜めたほうがよいので、そこはケースバイケースで考えましょう。

また、便座を温める機能は寒い時期のヒートショックなどをやわらげることができる優れた機能ですが、使わない時間帯にずっと電気が入っているのはエコではありません。最新のものはきちんと節電機能が搭載されていますので、電気代を抑えるためにも節電機能をもっているものを選びましょう。

バスでおすすめの最新設備

バスまわりはリラックスしたり、身支度を整えたりするだけでなく、洗濯に使うなどさまざまな生活機能が求められる場所です。バスまわりは快適な生活を支える設備をぜひ導入したいところですが、浴槽より先に注目したいのが実は「浴室乾燥機」です。

寒い時期に浴室を暖めることでヒートショックなどを予防できるほか、何より優れているのがカビや結露の発生を抑えられる点です。バスまわりはとくにカビの脅威が避けられない場所ですので、清潔に保つためにもぜひほしい設備といえるでしょう。

うれしいのは洗濯物も干せることです。梅雨の時期や台風などの時期だけでなく、花粉を避けたい場合や道路沿いの粉塵などを避けたい場合、外に洗濯物を干せないケースで大変役立ちます。共働き夫婦にとても人気がありますが、入浴中に洗濯し、夜間浴室に干しておけば朝取り込めるというメリットもあります。洗濯物がたまりがちなご家庭には大きなメリットです。

浴槽は、掃除がしやすい最新素材を選ぶのがおすすめですが、近年では時間が経ってもお湯が冷めにくい加工も登場しています。追い炊きしなくてもよくなれば電気代やガス代も節約できますし、家計にも時間や労力にもやさしい設備といえるでしょう。

 

一戸建てを購入するときに、ぜひあって欲しい水回りの最新設備を紹介しました。キッチンやトイレ、バスルームなどは、どうしてもスペースが限られてしまいますが、毎日の生活に欠かせない機能がたくさんある場所です。予算的に後回しにされてしまいがちな部分でもありますが、水回りに最新設備があるのとないのとでは生活の質が格段に変わるのが事実です。リビングにこだわることももちろん素敵ですが、ぜひ一度水回りの設備についても考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
流山の分譲住宅業者ランキング!
記事一覧