流山周辺で分譲(建売)住宅をお探しの方におすすめな業者を厳選してご紹介

家族のために分譲住宅購入!子育てしやすい住まいの特徴とは

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/11/21


分譲住宅を購入するときに、子どもの成長を見越して間取りを考えましょう。そして間取りを考えるときに、老後を見据えたバリアフリー対応と少ない移動で生活できる環境を用意しておきます。そうすることで、子どもが成長して巣立った後の生活がしやすくなります。後悔しないためにしっかり準備しましょう。

子育て中によくある悩みやストレスとは

子どもが産まれてから巣立つまで、親はさまざまな悩みとストレスを抱えています。まずは、子育て中によくある悩みやストレスの具体例を見ていきましょう。

子どもから目が離せない

とくに小学校入学前までの子どもは、想像の斜め上をいく行動を毎日するので目が離せません。イヤイヤ期の場合、子どもから少しでも距離をとってしまうと子どもが泣き出してしまうことが多いでしょう。また、リビングなどで遊んでいるときに、危険な動きをして怪我をしてしまうかもしれません。親はいつも気が張っています。

子どもの成長に合わせた間取りが分からない

子どもが小学生になると、自分の部屋が欲しいと思うようになるかもしれません。そのようなときに、子ども部屋の大きさはどうすればよいのか分からないことがあるでしょう。また、中学生になると反抗期を迎える可能性があります。親と子が適度な距離感を保つことは、子どもの心の成長においても重要です。子どもの成長に合わせた間取りが分からずに悩んでしまうかもしれません。

子育てしやすい家の特徴とは

子どもの成長を見越して家づくりを行います。スペースに余裕があることと、無駄がない生活動線は必須条件といえるでしょう。子育てしやすい家の特徴を具体的に見ていきましょう。

収納スペースが広い間取り

子どものおもちゃや幼稚園などで制作した作品を収納できるスペースは、確保しておきましょう。ゆくゆくは処分するものもあるでしょうが、数年間は収納できるように場所を確保しておく必要があります。収納スペースに余裕がないと、リビングや寝室などの生活スペースにおもちゃなどを置くことになるので、狭く感じてしまいます。おもちゃは日常的に使用するものなのでクローゼットに収納し、幼稚園などで制作した昨品は屋根裏部屋に収納するなど、工夫できるようにしましょう。

広いリビング

子どもが小さい頃は、自分の目が届く範囲で子どもの世話をしたいものです。キッチンから子どもの様子が見えていると、親子にとってメリットがあります。親は子どもの様子を見れて安心感があるうえ、子どもは親に見守られている安心感があります。家事の手を休めることなく子どもと接できるのが魅力的です。広いリビングにしておくことで、遊びも勉強もリビングでできます。家族がストレスなく暮らせるでしょう。

広めの子ども部屋

子どもの人数が増えることを予想しておきましょう。間取りが少ない分譲住宅は価格を抑えられるメリットがありますが、子どもの人数が増えると窮屈さを感じてしまいます。また、子どもが成長して大きくなって個室を与えたいと思ったときは、広めの子ども部屋にパーテーションやカーテンなどで仕切りを設けるなどするとよいでしょう。そのために充分な広さを確保しておく必要があるのです。

無駄がない生活動線

洗濯物を干すときの流れや、キッチンで作った料理をテーブルに運ぶときの流れなどの何気ない生活動線が、大きな影響を与えます。無駄がない動きは効率的に動けるようになるうえ、状況判断の回数が少なくて済むので、子育て中で忙しい人には適しています。これはコンセントの配置やテーブルの高さなど、ほんの少しの違いでも影響が出るので、注文住宅を建てるときは間取りだけを確認するのではなく、電気の配線や備品の高さなどにも注目しましょう。

子育てしやすい家は老後も生活しやすい!

子育て期間中の生活と老後の生活は異なるものではありません。子どもが巣立った後の生活もイメージして間取りを考えましょう。最後に、子育てしやすくて老後も生活しやすい工夫を紹介します。

バリアフリー対応

子どもも高齢者も自分の力だけで歩くのが難しいです。そのため、床の段差をなくしたり、廊下やトイレに手すりをつけたりするなどして生活をサポートします。子どもが巣立った後の老後は自分たちが暮らす住まいになるので、それを見越してバリアフリー対応にしておきましょう。

階段を極力使用しない暮らし方

高齢者になると、階段の上り下りを1日に何回も行うことがつらくなってしまうかもしれません。そのため、1階に和室などの部屋を設けるなどして、2階以上に上がらなくても生活できるように間取りを工夫しておきましょう。

少ない移動で暮らせるようにする

できる限り直線の上を移動するような動線を心がけましょう。切り替えしが多い住まいは、転倒や足の捻挫などの怪我に見舞われるかもしれません。また、複雑な動きが多い室内では、体を動かすことが億劫となってしまう可能性があります。

まとめ

子育て期間中の悩みを解消するために、広いリビング、余裕のある収納スペース、広い子ども部屋、負担が少ない生活動線を意識して間取りを決定しましょう。毎日暮らす家なので、少しでもストレスを感じるとストレスが蓄積されてしまいます。家族が幸せに暮らすためにも、細かいところにまでこだわって後悔しない分譲住宅を建てていきましょう。詳細はインターネットで検索してみると知識が深まります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
流山の分譲住宅業者ランキング!