流山周辺で分譲(建売)住宅をお探しの方におすすめな業者を厳選してご紹介

アフターフォローがしっかりとしている販売業者を選ぶべき理由

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

流山の不動産販売業者の殆どは、業界専門の流通システムを導入しているため、市場に流通する物件であれば、どの販売業者であっても購入できます。しかし中には契約後のフォローが無い業者も存在し、トラブルが発生しても対応してもらえないことがあります。なので販売業者選びにはアフターフォローがしっかりした業者を選ぶことが大事なのです。

信頼できる営業担当を選ぶことが大事

流山で分譲住宅を購入するには、住宅ローンを組むなど複雑な手続きが必要になります。契約書類の作成などは専門知識がないと難しいものです。それ故、物件を購入する販売会社には高い専門性が要求されます。購入物件に対して優遇制度を受けられるのかどうかも、専門知識がないと判断できません。そうした知識がない業者から物件を購入すると、買主が大きな損をしてしまうわけです。

それ故、依頼先の業者が不動産知識に関して、詳しいかどうか確認することが肝心です。それには、業者の実績や資格を参照するのが一つの方法となります。また、不動産の資格を持つ社員の割合が、どれくらいか確かめるのも有効な手段です。

不動産業者の営業はノルマがあるので、目先の契約を重視するケースが少なくありません。そうなると買主のメリットより、ノルマ達成を優先される可能性が出てきます。買主にとっては一生に一度の大きな買い物なので、営業担当が信頼できるかどうかは重要です。

信頼できる営業を見極めるには、親身に相談に乗ってくれる人を選ぶと良いでしょう。物件のメリットだけでなく、デメリットなども説明してくれる人は信頼できます。何よりも、物件が位置する地域に精通している営業担当に依頼するのが良いと言えます。住環境は生活の基盤となるので、快適性が求められるからです。それ以外にも、対応の早さや不動産知識が豊富かなどに着目して、担当者を決めるのがおすすめです。

建物保証や設備保証を確認することが肝心

流山での分譲住宅購入は引き渡されて終わりになるものではありません。実際に住み始めて快適に過ごせるかどうかが大事です。事実、物件購入後に問題が発生するケースも少なくありません。それ故購入後のアフターフォローがしっかりしている販売業者を選ぶことが肝心になります。建物保証をはじめ、設備保証や定期点検、そしてアフターメンテナンスなどの有無を確認しておく必要があります。

分譲住宅で特に多いトラブルが、水回りに関するものです。経年劣化で水道のパッキンが劣化し、水漏れが発生することがあります。また、給湯器が故障して温水が出なくなるケースもあります。そうした際に、アフターフォローがしっかりしていれば、迅速に対応してもらえます。

分譲住宅を選ぶ際には、誰もが購入費用を抑えたいと思います。但し値段の安さだけで選ぶと購入後に思わぬトラブルに遭遇することがあります。物件の値段が極端に低い場合は、建物に限らず住環境に問題があるケースが考えられるのです。なので、値段が安すぎると感じたら、周辺の他の物件と比較することをおすすめします。

また、住宅の購入費用が安くても、別途工事で費用がかさむこともあります。契約前には購入料金に含まれるものを、しっかりと確認することが大事です。重要事項説明の際には、何か不明点があれば遠慮なく尋ねることが肝心になります。大切なのは住宅購入に疑問を残さないことです。

住宅診断を受けているか確認する

流山で分譲住宅を購入する際には、購入後の不具合のトラブルは避けなくてはいけません。分譲住宅の購入契約は、信頼関係の上で成り立ちますが、購入契約を結ぶ際には、アフターフォローの具体的内容をあらかじめ確認しておくことが大事です。アフターフォローを担うのは販売業者なのか売り主なのか明確にしておく必要があります。

その他、点検の頻度や保証期間の長さ、保証対象などを詳しく確認しておくことが大事です。引き渡し前の立ち合いは、住宅の不具合をチェックする最後のチャンスとなります。建物や設備に問題がないか、隅々まで調べることが肝心です。加えて、分譲住宅が住宅診断を受けているか確認しておく必要があります。建築中の住宅は現場の様子が分からず、施工状況を確認するのが難しいものです。

一方、住宅診断を受けている建物であれば何か不具合があれば直ぐに対処してもらえます。万が一不具合が発生した場合には、詳細に内容が報告されます。分譲住宅の販売業者には、住宅の引き渡しから10年間、瑕疵保証責任が法律で義務付けられています。

万が一、販売業者が倒産した後に不具合が見つかった場合でも、買主の負担を軽減する策をとるよう定められているわけです。保険加入や保証金の供託などで、業者は資力を確保することが義務付けられています。この法律が住宅瑕疵担保履行法というもので、保険金や保証金により修理費用が補填されます。

 

分譲住宅は立地や間取りが既に決まっており、自由度に関しては限定的です。それでも住宅購入後に後悔しないためには、最低限の条件は満たす必要があります。先ずは分譲住宅のメリットとデメリットを明らかにしたうえで、アフターフォローのしっかりした信頼できる専門業者を利用することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
流山の分譲住宅業者ランキング!
記事一覧