流山周辺で分譲(建売)住宅をお探しの方におすすめな業者を厳選してご紹介

長期優良住宅とは?どんなメリット・デメリットがあるの?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2021/11/17


「長期優良住宅って何なの?」と思っている方も多いでしょう。長期優良住宅とは一言でいえば、長く安心で快適に暮らせる高品質な家のことです。今回は、そんな長期優良住宅の特徴とメリット、デメリットについてご紹介します。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の基準をクリアして認定を受けた家のことを指します。簡単にいえば長く安心して快適に暮らせる高品質な家のことですね。長期優良住宅の認定を受けることで、税金の優遇やローン金利の優遇など、さまざまなメリットを受けられるのが特徴です。

長期優良住宅の認定基準は、長期に使用するための構造及び設備を有していること、居住環境等への配慮を行っていること、一定面積以上の住戸面積を有していること、維持保全の期間・方法を定めていることの4つのポイントで審査されます。

いろいろな基準をクリアしなければいけないので、認定基準の複雑さが原因で審査を諦めてしまった方もたくさんいます。しかし、きちんと基準がわかれば認定を受けられるので安心してください。長期優良住宅の認定を受けた家を建てることで、国が「良質な住宅」と認めたお墨付きがあるので、大きな安心感を得られます。

長期優良住宅を選ぶメリット

長期優良住宅選ぶことで、たくさんのメリットが受けられます。

住宅ローン控除の拡充ができる

住宅ローン控除とはローンを利用してマイホームを購入する際に、条件を満たすことで受けられる所得税と住民税の控除のことです。長期優良住宅において控除対象になる借入限度額が優遇され、一般住宅なら4,000万円のところ、なんと5,000万円まで引き上げられます。

投資型減税

投資型減税とは現金で住宅を購入した人が対象となる制度です。投資型現在は住宅ローン減税とは違い、一度きりのみ使える制度のことをいいます。長期優良住宅を建てるために割高になった費用の10%が年末の所得税から控除されます。控除対象限度額は650万円なので、最大控除額は65万円です。ただし、投資型減税は住宅ローン控除との併用はできないので、注意してくださいね。

不動産取得税の減税

不動産取得税とは家を新築したときに一度だけかかる税金のことです。こちらも一般住宅の場合は控除額が1,200万円のところ、長期優良住宅だと1,300万円まで引き上げられています。

登録免許税の税率引き上げ

家を建てたり買ったりした際は、所有権保存登記や所有権移転登記を行いますが、このときに登録免許税がかかります。長期優良住宅を選んだ場合は一般住宅に比べて税率が低くなるので、登録免許税を抑えることができるのです。

固定資産税の減税

新築住宅を建てると一定期間内は固定資産税が2分の1になるのですが、長期優良住宅の方が期間を長く設けられているので、家計に優しいのがポイントです。

住宅ローンの金利の優遇

長期優良住宅では、住宅の商品「フラット35」の金利優遇制度を利用できます。フラット35度は民間金融機関と住宅金融支援機構の提携によって提供されるサービスです。ローンの金利面でも優遇が受けられるので、大きなメリットだといえるでしょう。

地震保険料の割引

長期優良住宅は耐震等級の基準をクリアしているので、地震保険料が割引されるのです。

補助金がもらえる

長期優良住宅を建てることで「地域型住宅グリーン化事業」による補助金が受けられる場合があります。国土交通相の採択を受けた中小工務店で木造住宅を建築した際に利用できるもので、大手ハウスメーカーの場合は補助金がもらえないので注意が必要です。

売却するときに付加価値がつく

長期優良住宅は国から認定されたお墨付きのものですし、高性能な家であることを客観的に示すことができます。わけあって家を売却する時も大きなアピールポイントになりますし、すぐに売れたり、高い値段で売却できたりする可能性もあります。

申請から認定を受けるまでが大変?

長期優良住宅にはたくさんのメリットがある分、デメリットもあります。それは申請から認定を受けるまでの手順が大変なことです。ただでさえマイホームを購入する際はさまざまな続けが必要になるので、それに加えて長期優良住宅の申請となると面倒で諦めてしまう方が多いのです。

長期優良住宅の申請はハウスメーカーや工務店がサポートしてくれることもありますが、別途手数料が必要になるのでなるべく自分で行った方がよいでしょう。申請から認定を受けるまではとても大変ですが、長期優良住宅に認められた後はいろいろなメリットが受けられるので、申請して損はありません。

 

認定を受けるには多くの基準をクリアしないといけませんし、手続きもたくさんあるので大変です。しかし、難しい長期優良住宅の申請は一生に何度もあるものではありません。あきらめず認定されるように頑張りましょう。長期優良住宅に認められれば、メリットがたくさん受けられますよ。

おすすめ関連記事

サイト内検索
流山の分譲住宅業者ランキング!
記事一覧